2020年 今年の羽田空港のクリスマスツリーはこれ!

こんにちはルドルフです。

羽田空港第1、第2ターミナルでクリスマス装飾が開始された、とのニュースリリースが羽田空港旅客ターミナルの公式サイトでありました。

2020年の今年、コロナウイルスの影響で利用者が減少している空港で、果たしてクリスマス装飾は行われるのか?まさか中止なんてことは・・・。

どうなることかと気になっていましたが、11月5日に高さ7mのツリーが第1、第2それぞれのターミナルに登場しました。

リリースの翌日にさっそく見に行ってきましたのでご報告します。

実施期間

2020年11月5日(木)~12月25日(金)

ツリー設置場所

第1ターミナル
2階中央 マーケットプレイス

第1ターミナル2階 出発ロビー階 中央 吹き抜け部

第2ターミナル
2階中央 マーケットプレイス

第2ターミナル2階 出発ロビー階 中央 吹き抜け部

第1ターミナルのクリスマスツリーは?

第1ターミナルの主な発着航空会社はJAL。ターミナルカラーも赤ということで、ツリーは赤+ゴールドを基調とした飾り付けです。

設置場所は2階出発ロビー中央、マーケットプレイスの吹き抜けエリア。エレベーターを背にし、ツリーの前には円形の床照明。

黄緑とオレンジで微妙にクリスマスカラーのようにも思えますが、ツリーがないときはどんな様子でしたっけ?さらに華やかさが増しますね。

飾り付けは汽車や自動車などの乗り物系が多め。そのほかサンタクロースや旅行かばんなど。チェック柄の生地を使用したポインセチアも洒落ています。

黄金色の電飾とともに、ところ狭しと取り付けられています。とにかく色合いがゴージャス。

第2ターミナルのクリスマスツリーは?

第2ターミナルで主に発着する航空会社はANA。ターミナルカラーは青ですが、ツリーの色調は白、ゴールド、シルバーとジュエリー感ある色合い。シックな印象です。

こちらの設置場所も2階出発ロビー中央、マーケットプレイスの吹き抜けエリアです。こちらは背後にエレベーターなどがないため、どこからでもツリーがよく見えます。

近づいて装飾されているものを確認すると、やけにかわいらしくギャップ萌え。モフモフしたペンギンやあざらし、イエティっぽいキャラや毛皮を着たイヌイットらしきぬいぐるみも。

一方で、雪の結晶や正月の餅花のような繊細でかわいらしい飾り付けも多く、いつまでもながめていられそうです。

ずいぶんとオーナメントの種類が多いけれど、色味が統一されてるのですっきりまとまっている。素敵です。

第3ターミナルのクリスマスツリーは?

念のため、こちらの様子も見に行きましたが、ツリーらしきものは見当たらず。さすがに国際線は国内線よりもほとんど動きがありませんし、今年はとくに準備していないのでしょうか。

閑散としたターミナルにツリーだけがぽつんときらめいているのはさびしいもの。また来年に期待したいですね。

あとがき

今年はコロナのせいでさまざまな行動が制限され、季節の移り変わりを感じたり、おなじみの行事やイベントを満喫することもなく、あっという間に毎日が過ぎていったように思えます。

まだまだ気は抜けないのですが、隙間もないほどぎっしりと飾り付けがなされたクリスマスツリーの存在はいかにも楽しげで、ホッと一息つきながらしみじみとながめてしまいました。

人を集めるわけにはいかないので、今年はツリーのみでイベントはないのかな?

これだけ立派なツリーがあるのに、空いてる羽田空港のターミナル。展望デッキは密を避けることができますし、防寒を万全にすれば安心して過ごせそうです。

今年のクリスマスイベント、あきらめることなくしっかり対策をしながら楽しみたいですね。