羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナル、どう移動する?

こんにちは、ルドルフです。

羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナル、みなさんはどちらの利用が多いですか?

私はJAL便を利用することが多いので第1ターミナルばかり。以前は第2ターミナルのカフェやレストランへ行きたいと思っても遠いからとあきらめていました。

今では搭乗以外の目的でも訪れるため第2ターミナルにも足を運びますが、この2つのターミナルは意外と近いんですよね。

これまで羽田空港へのアクセスは、各ターミナルの駅が存在するモノレールを利用していたせいもあって、離れているものと思い込んでいたのです。

京急線なら「羽田空港第1・第2ターミナル駅」なので、たいして遠くはないことに気付けたはずですけれど。

実際のところどの程度のものなのか。今回は第1ターミナルと第2ターミナルの移動方法についてご紹介します。

無料連絡バスで移動する

無料連絡バスとは

第1ターミナル、第2ターミナル、第3ターミナルの3ターミナル間を移動することができる無料のバスです。

もちろん搭乗客だけでなく一般客も利用できます。空港関係者の利用も多く見られます。

車窓からながめる空港周辺の風景は、車でアクセスしない方には新鮮に映るかもしれません。

とくに夕方から夜間にかけては、駐車場の建物ですら無数の照明によりまばゆいばかり。なかなかロマンチックだったりします。

無料連絡バスのルートは3つ

Aルート(5:00~24:00)

→ 第2ターミナル → 第1ターミナル → 第3ターミナル → 第2ターミナル 以降循環

全ターミナルを上記のルートで循環します

Bルート(5:00~24:00)

現在運休

第2ターミナル → 第1ターミナル

第1ターミナルから第2ターミナルへ移動します

Cルート(深夜/1:00~5:00)

現在運休

第2ターミナル ⇔ 第3ターミナル

第2ターミナルと第3ターミナル間を移動します

バスのりば

第1ターミナル
1階 [8番] 乗り場

第2ターミナル
1階 [9番] 乗り場

第3ターミナル
1階 [0番] 乗り場

いずれのターミナルもやや中央に乗り場があります。
頭上の案内板が目印!

所要時間

通常、第1ターミナル⇔第2ターミナルの所要時間は3分です。

現在はBルートが運休のため、Aルートを利用することになります。

Aルートでの所要時間は、第2ターミナル→第1ターミナルは3分

第1ターミナル→(第3ターミナル)→第2ターミナルは16分(第3ターミナルでの停車時間含む)。

羽田空港 第1ターミナルフロアガイド より

通常運行に戻るまでは第1→第2ターミナルへはだいぶ遠回りとなります。利用は時間に余裕がある方向けですね。

運行間隔

通常はA、Bルートともに4分間隔で運行していましたが、現在Aルートは臨時ダイヤにて、またBルート、Cルートは運休しています。

Aルートの臨時ダイヤは9~10時、13~14時台は10分間隔、それ以外の5~23時台は20分間隔、24時台は2本の運行となっています(一部ズレあり)。

羽田空港ターミナル間 無料連絡バス時刻表(公式)はこちら
※PDF形式の時刻表が表示されます

新型コロナウイルスが収束するまでは仕方ないですね。

徒歩で移動する

実際に第1ターミナルの出発ロビー(2階)から第2ターミナルの出発ロビー(2階)まで歩いてみたところ15分弱で到着しました。

ただしキャリーバッグなし&すでに知っているルートのため、荷物があったり初めての方にはもう少し時間がかかってしまうかも。

連絡通路

連絡通路は京急線の第1ターミナル側改札口と第2ターミナル側改札口の横を通っています。とにかく両ターミナルとも地下1階の京急線改札口を目指すべし!

JAL便発着がメインの第1ターミナルのシンボルカラーは赤。そのため第1ターミナルに向かう連絡通路の入り口は赤です。第1、JALグループ・スカイマーク・スターフライヤーを目指すなら赤の入り口が目印!

ANA便発着がメインの第2ターミナルのシンボルカラーは青。そのため第2ターミナルに向かう連絡通路の入り口は青です。第2、ANAグループ・ソラシドエア・エア・ドゥを目指すなら青の入り口が目印!

動く歩道

連絡通路には約400mの動く歩道が設置されてます。この動く歩道、床面が弾むような歩きごこちのため、ついつい早歩きになってしまいます。

移動が快適すぎてあっという間にお隣のターミナルへ。

モノレールで移動する

時間がない、荷物が多い、歩きたくないという方はモノレールという手もあります。

第1ターミナルと第2ターミナル間の運賃は160円(ICカード/157円)です。

運行は多くの時間帯で3~6分間隔。山手線とまではいえないものの、たいして待つことなくやってくるので非常に便利です。所要時間はたったの2分。

ただしモノレールのホームまで、また到着ホームからターミナル内の目指す場所まではやはり歩くことになります。

あとがき

ひととおり調べ終えて思うのは、バスや電車に乗ってもさほど時間が短縮されるわけではなく、歩かざるをえないということ。

歩くことに支障がない、また体力に問題がない方なら徒歩で移動したほうがかえって面倒はないように思えます。

とはいえ、やはり疲れているときの無料バスの存在はとてもありがたいです。また高齢者の方やお子さん、あるいは大きな荷物を運ぶとなると、徒歩での移動は負担かもしれません。

そのときどきに合わせてモノレールや無料バスを利用されることをおすすめします。

羽田空港のターミナル間での移動手段も理解してしまえばなんてことない。第1ターミナルから第2ターミナルといわず、第3ターミナルまでも気楽に移動できます。

無料バスなら展望デッキのハシゴもスムーズ。コロナ禍の影響は今後もしばらく続くと思われますが、今年のクリスマスのイベントやツリーの規模はどうなることやら。

第1~第3ターミナルのきらびやかなクリスマスツリーを、一度に楽しみたいものです。

東京の空の玄関口、羽田空港にて心ゆくまで飛行機をながめる